よくあるご質問 | 外国人技能実習生受入監理団体 国際事業研究協同組合

よくあるご質問

当組合へお客さまからお問い合わせの多いご質問についてお答えいたします。
はじめての受け入れで、不安があるのですが・・・・
①技能実習生と企業様が安心して技能実習に励むことが出来るよう、万全の体制をとっています。
②入国の手続き、申請手続き等書類のやり取りが数多くありますがすべて組合でサポートいたしますのでご安心ください。また、技能実習生と受け入れ企業様が安心して実習に取り組むことができるよう万全のサポート体制を取っています。
うちが求める技術をもった外国人技能実習生を採用できるのですか?
大手自動車メーカーの下請けなど高度な技術を持った企業様が、技能実習生を受け入れており、とても高い評価をいただいています。受入企業様の実習指導員にしっかりご指導いただければ、実習生は吸収力がありますのでご期待に沿える働きができるようになります。
外国人技能実習生って日本語は話せるのですか?
挨拶や簡単な日常会話に関しては配属の際、問題のないように、日本語能力試験4級レベル相当の教育を現地にて約3ヶ月間行います。流暢な日本語を話せる実習生もいますが、ほとんどはそうではありません。しかし、入国前の約3ヵ月と入国後の1ヶ月で日本語教育、日本の習慣やビジネスマナー(5S活動)企業様から頂いた募集要項に従って基礎実技を行い、日本に入国し就職されてから困ることの無いよう、充実した教育を行っています。
外国人技能実習生の家族の呼び寄せや一時帰国はできるのですか?
一時帰国については、技能実習生の家族の不幸などがあった場合、諸事情を検討した上で認めております。 ただ、同居の為に家族を呼び寄せることは不可能です。
うちは個人事業だけど、労働保険・社会保険に入らないとだめなの?
個人事業であっても、常勤従業員(役員含む)が5名以上の場合は法人と同様の扱いとなり、保険に加入しなければなりません。保険の加入がなければ実習生の受け入れができません。
外国人技能実習生が支払った年金は帰国のときに戻ると聞いたが、それは本当か?
厚生年金には、「脱退一時金」という制度があります。 1.厚生年金への加入期間が6ヶ月以上 2.日本国籍を持たない者 3.日本に住所を持たない者 4.年金を受ける権利が発生したことのない者 以上の条件を満たし、所定の手続を行うことで脱退一時金を受け取ることができます。
技能実習生のために準備する宿泊施設での注意点は何ですか?
宿舎は、電気、ガス、水道、シャワー付きで、最低3畳に一人くらいの空間をご準備頂き、実習生には集団生活をして頂く事をお勧めします。また、自炊用具(食器、調理具)、寝具、作業衣類、洗濯機や冷蔵庫といった生活備品、冷暖房機器などをご用意ください。

お問い合わせ

外国人技能実習生の受け入れなどお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

国際事業研究協同組合

0120-951-967

ページトップへ