介護職種の入国後講習における日本語講師の要件について、「日本語教育に関する研修で適当と認められるもの(420単位時間(1単位時間は45分以上とする。)以上の課程を有するものに限る。)」とは具体的にどのような講習ですか? | 介護技能実習制度に関するQ&A|外国人技能実習生受入監理団体 国際事業研究協同組合

介護職種の入国後講習における日本語講師の要件について、「日本語教育に関する研修で適当と認められるもの(420単位時間(1単位時間は45分以上とする。)以上の課程を有するものに限る。)」とは具体的にどのような講習ですか?

介護職種の入国後講習における日本語講師の要件については、「日本語教育機関の告示基準」(法務省入国管理局平成28年7月22日策定)、「日本語教育機関の告示基準解釈指針」に示されている在留資格「留学」による留学先として認められる日本語教育機関の教員の要件を基にしており、内容の詳細については、文化庁HPをご確認下さい。

また、「日本語教育に関する研修で適当と認められるもの(420単位時間(1単位時間は45分以上とする。)以上の課程を有するものに限る。)」については、一覧が記載されていますので、ご確認下さい。

介護職についてのその他の質問

お探しの情報は見つかりましたか?
見つからない場合はお気軽にお問合わせください。

ページトップへ