外国人介護人材受入れの在り方に関する検討会中間まとめ(平成27年2月4日)では、3年目以降の到達水準として、利用者の心身の状況に応じた介護を「自ら」実践できるレベルとされています。これは、実習実施施設等において、技能実習指導員の指導によらず、技能実習生が自らの判断で業務を実施するということですか? | 介護技能実習制度に関するQ&A|外国人技能実習生受入監理団体 国際事業研究協同組合

外国人介護人材受入れの在り方に関する検討会中間まとめ(平成27年2月4日)では、3年目以降の到達水準として、利用者の心身の状況に応じた介護を「自ら」実践できるレベルとされています。これは、実習実施施設等において、技能実習指導員の指導によらず、技能実習生が自らの判断で業務を実施するということですか?

我が国の技能等の移転を図るという技能実習制度の趣旨に照らし、技能実習生は、技能実習指導員の指導のもと、実習を行うこととされています。

介護スキルについてのその他の質問

お探しの情報は見つかりましたか?
見つからない場合はお気軽にお問合わせください。

ページトップへ