技能実習の目的は本国への技能等の移転とされていますが、介護職種に係る技能実習生の受入れはこの目的に沿うものですか?日本の介護技術が文化の違う外国で活かされるのですか? | 介護技能実習制度に関するQ&A|外国人技能実習生受入監理団体 国際事業研究協同組合

技能実習の目的は本国への技能等の移転とされていますが、介護職種に係る技能実習生の受入れはこの目的に沿うものですか?日本の介護技術が文化の違う外国で活かされるのですか?

技能実習制度は、日本から相手国への技能移転を通じた「人づくり」に協力することが基本理念とされています。日本は他国と比較し、高齢化が急速に進展しており、認知症高齢者の増加等、介護ニーズの高度化、多様化に対応している日本の介護技術を取り入れようとする動きも出てきています。こうした介護技能を他国に移転することは、国際的に意義のあるものであり、制度趣旨にも適うものです。

制度全般についてのその他の質問

お探しの情報は見つかりましたか?
見つからない場合はお気軽にお問合わせください。

ページトップへ