どの程度の介護スキルを身につけて日本へ来るのですか? | 介護技能実習制度に関するQ&A|外国人技能実習生受入監理団体 国際事業研究協同組合

どの程度の介護スキルを身につけて日本へ来るのですか?

ミャンマーで日本語教育13ヶ月終了後、176時間(1ヶ月、22日、8時~17時まで1日8時間授業)の介護実技教育を実施し、介護初任 者研修の実技部分はおおよそ学んだ状態で入国します。

ミャンマーの提携送出機関の介護授業カリキュラム

  1. はじめに 心構え 高齢者の身体と心理、尊厳の保持、自立支援:1日(講義)
  2. 認知症、障害、疾病の理解:1日(講義、体験学習)
  3. ボデイメカニクス、ベッドメイキング、体位交換、シーツ交換 仰臥位→側臥位→端座位、上方移動、水平移動、立ち上がり:2,5日(講義半日、実技2日)
  4. 移乗 ベッド→車いす、車いす→ベッド、ポータブルトイレ:2.5日(講義半日、実技2日)
  5. 移動 車いす、杖歩行、白杖歩行:2.5日(講義半日、実技2日)
  6. 排泄 おむつ交換(紙、布、リハパン)、差し込み便器、尿器:3日(講義1日、実技2日)
  7. 整容 パジャマ上下、かぶり上下→座位、仰臥位 ゆかた→仰臥位:2.5日(講義半日、実技2日)
  8. 食事:2日(講義半日、実技1.5日)
  9. 入浴(洗髪、手浴、足浴、清拭 ):2日(講義半日、実技1.5日)
  10. 修了テスト 実際の介護現場を想定してのテスト(介護福祉士実技テストと同じもの):1日
  11. 苦手分野の復習、補習、レクリエーション等:2日

介護スキルについてのその他の質問

お探しの情報は見つかりましたか?
見つからない場合はお気軽にお問合わせください。

ページトップへ