介護施設 経営者・人事担当の皆様へ

介護施設 経営者・人事担当の皆様へ

介護業界では、少 子高齢化によるニーズが高まっています。
当組合は外国人技能実習制度の導入を通して、近い将来介護業界 の皆様に貢献できるものと確信しております。

介護業務の外国人技能実習生の受入れに関しては、国会で技能実習に関する新法案が可決されたことにより、介護業務の外国人技能実習生の受入れが2017年7月頃認可される見込みとなりました。現在の日本は少子高齢化が進み、長寿社会となり介護ニーズはさらに高まっております。政府は、高齢化率が現状の26.7%から将来40%にまで上昇する見込みを発表しています。今後、団塊の世代が75歳に到達する2025年までに、介護従事者の需要はさらに急拡大し、介護従事者の数は現在の170万人から、2025年には80万人増の250万人が必要と政府は試算しております。 外国人技能実習制度は、国際協力・国際貢献として評価されています。 当組合では外国人技能実習制度の説明や受入れる施設の方々の心構え、送出し現地の情報などをご案内しております。

  • 介護技能実習生制度について

    介護技能実習生制度について

    介護技能実習生制度について、現在検討されている内容をご紹介します。

  • 介護技能実習生とその他の制度の違い

    介護技能実習生とその他の制度の違い

    介護技能実習生とEPA、在留資格「介護」による介護人財の受入れについて比較し、その違いをご説明しています。

  • 介護技能実習生の受入の方針と流れ

    介護技能実習生の受入の方針と流れ

    介護技能実習生を受け入れるまでの流れや当組合のサービス内容、介護実習生受入のための準備や注意点等についてご説明しています。


  • 介護技能実習生向けの教育

    介護技能実習生向けの教育

    当組合の提携先送出し機関で実施してもらう介護技能実習生向けの特別なカリキュラムをご紹介いたします。


  • 介護技能実習生に関するQ&A

    介護技能実習生に関するQ&A

    介護技能実習生に関する質問とその回答をご説明しています。


  • 外国人介護職受入についての日本政府の検討状況の推移

    外国人介護職受入についての日本政府の検討状況の推移

    外国人介護職受入についての参考資料を紹介しています。



お問い合わせ

外国人技能実習生の受け入れなどお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

国際事業研究協同組合

0120-951-967

ページトップへ